腰痛・関節の痛み・コンディション調整などのスポーツ障害の症例を紹介!

スポーツ障害で苦しむ方や競技パフォーマンスの向上を
目指している方のために役立てて頂きたいという思いから
生まれたサイトです。
【スポーツ障害Navi】スポーツ障害のケアはHOT Chiro田町で!
CATEGORIES
CASE STUDY
ACTIVITY REPORT
NEW ENTRIES
LINKS
Athlete Support
PROFILE
OTHERS
専門的なスポーツ障害や趣味・健康維持における
運動中の症例などに対するカイロでの施術例をご紹介します。

Produced by
港区田町・三田エリアで唯一の
国際基準のカイロプラクティック院
〜腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア〜
HOT Chiro(ホットカイロ)田町
スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!スポーツ障害のケアはHOT Chiro(ホットカイロ)田町で!

クリックお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ

膝の痛み (成長期の野球選手)

0


    14歳 男性 野球部員


    1年くらい前から痛みを抱えながら野球をやっています。

    痛み膝の外側に感じていて、走った時痛み出します。

    動き出して少しすると気にならなくなりますが、最大屈曲させると痛みが再現されます。

    くなっても安静にしてると自然と痛みは治まります。


    元々の下の出っ張り付近に痛みを感じていて、それをかばっていた痛みが移ってきた感じがあります。

    今まで電気治療は受けたが大きな変化はありませんでした。

     



    コメント


    この患者さんは元々オスグッド・シュラッター病を患っていたようです。

    膝下の出っ張り(脛骨粗面)付近に出る痛みで、成長期の骨の成長のスピードに大腿四頭筋が追いつかず、大腿四頭筋に軟骨が引っ張られ、炎症を起こし、腫れて痛みが発生するのがオスグッド・シュラッター病の特徴です。

    オスグッド・シュラッター病の詳しい解説へ


    休養を取りつつも痛みかばいながら部活に出続けた結果、大腿部の外側に付着している大腿筋膜張筋に過負荷がかかり、大腿筋膜張筋の問題から来る腸脛靭帯の問題を同時に併発させている可能性がありました。

    腸脛靭帯炎の詳しい解説へ


    大腿四頭筋(内側広筋・外側広筋)腸腰筋筋力低下大腿筋膜張筋ハムストリング下腿過緊張と共に、股関節の可動域の低下が確認されました。


    大腿部の多くの筋肉は腰椎・骨盤から大腿部・まで繋がっています。

    腰椎・骨盤にゆがみや可動域低下などが生じると、上記の筋肉への過負荷がかかりやすくなります。

    ですので、施術はまず骨盤と腰部の関節を矯正しました。

    股関節やの可動域も、動きがスムーズに行えるようモビリゼーションを施しました。

    また、十分にストレッチを行い、患者さんご本人にも股関節周りを中心にしっかりとストレッチを行うようにアドバイスをさせて頂きました。


    施術後、筋力は回復し、最大屈曲時の痛みも消失し、かばう感じがなくなったのでの安定性は向上しました。

    1週間後に再度チェックした所、また少し痛みは生じていましたが、その後2〜3回施術でほぼ痛み軽減され、野球にも力が入っているそうです。

    しかし運動量の激しい部活で、しかも未だ成長段階なので、十分にケアが必要です。

    その後は4〜5週間のスパンで関節可動域・筋肉の緊張など身体の状態をチェックさせて頂いております。



    || 関節の痛み(膝の痛み) ||

    クリックお願いします!にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ障害・外傷へ 人気ブログランキングへ


    <<姉妹サイト>>

    腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町 腰痛・骨盤のゆがみ・肩こりのケア HOT Chiro(ホットカイロ)田町

    【スポーツ障害Navi】スポーツを楽しむためには身体のケアをカイロプラクティックで! スポーツ障害Navi

    ストレッチNavi ストレッチNavi

    『カイロプラクターWakatabe』カイロプラクティック専門大学現役講師によるカイロ治療 カイロプラクターWakatabe
     || ページの先頭へ ||